SDGsへの取り組み

年間100万トンもの衣料廃棄
アパレル業界がいまできること

世界が抱える衣料廃棄問題

アパレルの余剰在庫や衣類の廃棄量が地球規模で膨れ上がっています。アメリカでは年間1300万トン、日本では年間100万トンが廃棄されているというアパレル商品。なかには新品のまま焼却処分されるケースもあり、複数のアパレルメーカーから売れ残りが持ち込まれる焼却処分場は悲鳴をあげています。2018年にはイギリスの有名ブランド「バーバリー」が売れ残った新品の衣料品など、およそ3700万ドル相当(42億円分)を焼却処分すると公表。世界中から非難が相次ぎました。それでもまだ残念なことに、多くのブランドがブランドのステータスやイメージの低下につながる点をおそれ、余剰在庫を安価な価格で販売せずにそのまま処分しています。

利益を追い求めるだけでなく、環境にも考慮する

過剰な在庫を生むことが前提となっている現状のアパレル業界。この課題を解決しようと、少しずつ新たな動きも出始めました。商品を運ぶための段ボールやハンガーの再利用のほか、廃棄商品のリサイクル、ラッピングの簡易化などがその一例です。またアパレルの製造工程をいちから見直す取り組みにも注目が集まります。新しいシーズンの初めに市場に投入する服の量を減らしたり、注文を受けてから生産を開始するなど、売れ残りの削減を進める試みも生まれてきました。自分が身に纏っている洋服がどのようなプロセスを経て生産され、手元に届く際の価格は果たして適正なのかどうか。自分の身近なところに小さな疑問をもつことこそ、様々な社会問題を解決する始まりなのかもしれません。

年間100万トンもの衣料廃棄アパレル業界がいまできること

キャリーオンのシェアリングサービスが衣料廃棄を救う

子供服のシェアリングサービスを始めたキャリーオンは、これまでに多くの衣類を買い取り、子供服の廃棄量を軽減する取り組みを進めてきました。しかし私たちの強みはただ買い取るだけではありません。子供服1着1着をすべてデータベース化しているため、子供の年齢や季節のほか、サイズや会員の趣味趣向で「売れ筋商品」がわかるようになりました。このデータはアパレルメーカーにとっても大変価値が高いうえ、子供服メーカーの余剰在庫を直接取り扱うブランド新品の流通サービスも始めました。データをもとにあらかじめ需要予測を立てて販売する。衣料廃棄を大幅に減らすことができる新しい仕組みを、キャリーオンは今後も率先して展開していきます。